犬:2009年世界で最も醜い犬に依頼殺到。

2009年7月2日   


先月26日に米カリフォルニア州ペタルマで開催された、犬のコンテスト『2009年世界で最も醜い犬』で見事一位に輝いた『ブサ犬』に対して、 テレビ等のメディア出演依頼が急増し話題を呼んでいる。

優勝したのは、下の前歯が極端に出た、4歳のボクサー犬の雑種である『Pabst』君。

同コンテストにおいては、チャイニーズ・クレステッドドッグが長年にわたり、世界で最も醜い犬として選ばれていたが、他の犬種が選ばれたのは実に7年ぶりだという。

飼主のMiles Egstad氏は、3年前に『Pabst』をシェルターから譲り受け、家族同様に大切に育てている。


>>>>>昨年優勝した『ブサ犬』の『ガス君』の記事はこちら。






2009年見事一位に輝いた『ブサ犬』の『Pabst』



昨年優勝した『ガス君』。ガンのため死去。

[WORLD NEWS TOP へ]