DRAGON ASH ATSUSHI
生命のあり方について、何度も自問自答してきたというDRAGON ASHのATSUSHIさん。取材を通して得た彼が見つめていたもの、そしてダンサーという枠に囚われない新たなプロジェクトに込めた思いとは・・・。

DRAGON ASHのメンバー、そしてソロダンサーとしての活躍。 順風満帆に思える彼のダンス人生だが、何時頃からか心に引っかかる何かを感じ始めていたという。「踊りとは何か。踊る事で何を成し遂げ、何を表現しているのだろうか。あまりにも漠然としていて、なかなか答えは出なかった。が、最近ふとした事から、生命力を表現しているのかも知れないと思うようになり、それまで思いの中で漫然とあった点が明確な線となって繋がり、多くの人の協力を経て、『POWER of LIFE』発足にいたったんです。」
全ての生命は、小さくとも大きくともその価値は変わらないはず。しかし、現状はそれとはほど遠く、人間のエゴにより軽視しされている生命は多く存在する。同プロジェクトでは、生命力を様々な形で表現することによって、多くの人に生命力の素晴しさを、今一度見つめ直す切っ掛けになってもらえればとの強い思いが込められている。シェルターに足を運び、そこで目の当たりにした犬猫達の置かれた現状がプロジェクト発足動機の一つであるという。

「殺処分やアニマルシェルターの存在など、なんとなく知ってはいたが、その実情については、多くの人と同様、正確な理解にはほど遠いものであった。千葉県郊外にあるシェルターに、実際に足を運んでみた時も、良し悪しは別にして、そこにいる動物達は余りにも普通であった。ある意味、人間に裏切られ見捨てられた動物たちですから、人間に対する敵意と、凶暴さをむき出しにしているというようなイメージを持っていたのです。でも、実際は違っていた。その殆どが、凄く人なつこく無邪気な瞳で僕を見つめていた。それが逆に辛く、凄く考えさせられました。 帰りの首都高は、やたらと渋滞していて疲れてはいたものの、そんな彼らの表情がどうしても頭から離れず、自分に何か出来る事は無いかと考えるようになったのです。」
『POWER of LIFE 』の企画第一弾では、フィルターを通してミュージシャンやアスリート達の一番輝いている瞬間、つまり生命の素晴しさを伝えるための写真展を開催している。

「アスリートやミュージシャン、彼らはむちゃくちゃ生命力の強い人ばかりなんですよ(笑) だからこそ、写真という表現方法の被写体として、彼らを選んだ事は凄く自然だったんです。アスリートもミュージシャンも根本にあるものは一緒で、生命力を表現しているのだと思う。表現方法が違うだけで、アスリートだったら走ったり跳んだりとか、ギターリストだったら、ギターを弾くみたいな。それだったら、一緒にやろうと言う事になり、その表現方法を考えた結果が、『写真』であった。文章とか声で露わにするよりも、目に見えない空間を表現できる写真だからこそ、伝えられる生命力を感じ取って欲しかった。」
年間30万頭以上もの尊い命が、奪われている現実を直視すれば、本来野生だった犬猫を人間の都合でペット化してきた責任は大きい。本当の意味で、彼らの生命力を維持するために必要な事は何なのか。今回のプロジェクトでは、写真展の運営費を除く全収益がシェルターに寄付される予定だが、動物保護の観点に立つというよりは、そのもっと根本にある生命の問題を、自然体で感じ取って欲しいと言う。

「お金を寄付するのは抵抗があるので、シェルター側と話し合った結果、そこに建物を造ろうという話になっているんですよ。老朽化が進み、土地面積も限られているので、ビルじゃないけど上にいこうと(笑)。高くすれば土地は限られていても、収容面積は増え、そこで働いている人や犬猫達にとって快適な環境になれば良いですよね。」

さらには、このように形としてだけでは無く、今後の問題解決の為にも多くの人が自分に何が出来るのかと、一歩踏み込んで、考えて貰える切っ掛けになればとも願っている。

「実際に、犬猫を飼いたいと思ったときに、シェルターから引き取ろうという概念は、日本では浸透してないですよね。そういった現状に気付いて貰える為にも、一人一人が自分に何が出来るのかを考えてほしいですね。うまくは表現できないけど。そういうのも全部ひっくるめて、変えるとか改革するという言葉を使うと大げさだけど、このような活動を通して、アプローチできれば嬉しいかな。」
「人間であれ、動物であれ、植物であれ、生命は生命。小さくても大きくても生命に変わりは無く、同じであると思います。その変わらぬ生命の大切さを、軽視している現状があるのではないか?その現状を変えるのは?それに気付かせるために何が出来るのか?『生命力の素晴らしさ』を伝え、『生命力を維持する』ために必要な何かを、自分にも出来るのではないかと思っています。」

DRAGON ASHのメンバー、ソロダンサー、そしてPOWER of LIFEの発起人として、3つの顔を持つATSUSHIさんだが、全てが『生命力』という単語で繋がっていてる。表現法こそ異なるが、彼の根本にあるものは揺るぎない信念だ。伝えるべき主旨をしっかりと保ちながら、表現者としてアート性のあるこの際立った活動は、やがては大きなムーブメントとなり、生命を尊ぶというごく当たり前の考えが、より深く浸透することを願っている。

POWER of LIFE:poweroflife.jp
ATSUSHI TAKAHASHI:atsushi-takahashi.com
Dragon Ash:dragonash.co.jp