天使のように可愛らしい子犬も、驚く程早く成長します。
人間の5倍ものスピードで…あっという間に老犬になり、
飼主の介護を必要とするようになります。
個体差はありますが、7歳を過ぎる頃から老化現象が始まるといわれています。
少しでも健康で長生きしてもらうには、
生活環境や食生活の見直しといった対策が必要でしょう。
しかし、どんなに努力しても老化現象を避ける事は出来ません。
加齢と共に体の機能が衰え、体力や抵抗力は確実に低下してゆきます。
体調や体重の変化に合ったケアと共に、
食事も徐々に老犬用のものに切り替えていきましょう。
更に年に1〜2回は、動物病院での定期検診をお勧めします。






■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]