犬は人間と違い、体の不調を直接言葉にして訴える事は出来ません。
犬の健康を考え、少しでも長生きしてもらうには、それなりの知識が必要です。
犬は我慢強い動物で、痛みや不快感を前面に出さない場合もあり、
病院につれて行った時には、既に手後れといったケースも稀に見られます。

飼主は適正な知識の元、日頃から愛犬のちょっとしたシグナル
体調の変化を見逃さないよう、常に注意を払いましょう。

犬の健康維持には、病気の早期発見/早期治療が重要です。
病気をいち早く察するためには、日頃から愛犬のしぐさや行動を観察、
把握しておく必要があります。
いつもより動きが鈍い、呼んでも反応が鈍い、
頻繁にあくびをする、睡眠時間が長い、 嘔吐をする等、
普段とは違う行動が見られるときには特に注意が必要です。
又、排泄物のチェックやスキンシップを通して体を触り、
普段と比べて異常がみられないか観察しましょう。

健康を維持するためには、食生活に気を使うとともに、
ストレスを与えない 環境を提供することが大切です。
又、感染病などに対する予防にも、十分に気を配りましょう。

犬の病気にはさまざまな原因があり、犬種によっても異なります。
飼主は自分の愛犬の特性や、かかりやすい病気を日頃から把握しておき、
発病を未然に防ぐための努力を、怠らないようにしましょう。





■データ→ 飼う前に住まいしつけ健康管理フードケアお出かけ
      カフェウェアー出産・頻繁老犬・介護  [↑ページTOPへ]